Una Ulla

SInger | Vocal Coach

Una Ulla singer | songwriter | vocal coach from Latvia

Una-Ulla_2017_lay-down.png

うな・うら (Una Ulla)

本名 ウナ・ヴォルコヴァ (Una Volkova)

シンガー・ソングライター・ボーカルコーチ

フォーク・ジャズ・インディー

 

生まれはラトビア、ヴァイノアデという小さな村です。ミュージシャンの一家で育ち、小さな頃から歌ったり、楽器を弾いたりしていました。ボーカルとヴァイオリンはラトビア、プリアクレ市の子供音楽学校で勉強しました。ソロ、ボーカルアンサンブル、合唱団、楽器のアンサンブル、オーケストラ等様々な場での演奏経験があります。大学で日本語を学び、2010年に日本に来る機会を得ました。

4年間、北海道で地元のミュージシャンとコラボレーションをしながら、インディーポップロック、ジャズの雰囲気が漂うオリジナル曲を作って音楽活動をしました。北海道にいる間、ジャズへの興味が深くなり、2012年、2013年に北海道の東川町でNew York Jazz Expressway とジョイントコンサートを行いました。2011年、2013年には東京渋谷さくらホールでKeiko Borjesonさん と東川町と一緒に演奏しました。

2013年2月、ホームズスタジアム神戸で開催されたキリンチャレンジカップ2013のラトビア代表戦で、ラトビア国歌を独唱しました。

2014年に神戸へ引っ越してからは、地元のミュージシャンとコラボレーションしながら、ジャズスタンダードのプログラムを作っています。

2014年結成。バルト三国真ん中の国、ラトビア共和国に伝わる伝統音楽を演奏するアンサンブル「ウズマニーブ」です。ラトビア人の日々の暮らしの中で生まれ、伝わってきた素朴で心に沁みる旋律を解釈、アレンジして奏でています。メンバーは日本では珍しいラトビアの伝統楽器「クアクレ」の奏者の溝口明子(SUBARU店主)、アラブ音楽界で活動するヴァイオリニストの秦進一、ケルト・北欧音楽を主に演奏するパーカッションのAki、ラトビア人のシンガーソングライターでクアクレ奏者のUnaUllaの4人です。これまで大使館主催イベント等、様々な文化交流イベントで演奏してきました。2017年、12月CDリリースされました。

2016年末、ラトビア伝統楽器クアクレ演奏者ライマ・ヤンソーネ (Laima Jansone) とエレクトリックミュージシャン モンスタ (Monsta) と 一緒に日本ツアーを行いました。ラトビア伝統音楽の現代的なアレンジのプログラムで、ラトビア文化と音楽を世界で紹介しています。

うなは様々なスタイルの音楽経験があり、音と楽器の楽しい使い方を探求しながら、元気にコンサート活動を行っています。最近はコアクレというラトビアの伝統的な楽器も弾いており、ラトビアの文化と音楽を日本とアメリカに紹介しています。

 

 

 

 

Una Ulla

Real Name: Una Volkova

Singer | Songwriter | Vocal Coach

Jazz | Folk | Indie

 

Una was born in a little village in Latvia. She has been surrounded by music since early childhood. Una majored in violin and vocals at the Priekule Music School and as a youngster participated in every musical contests and concerts that she could. Her background is classical, but Una has expanded her knowledge and experience in jazz and Latvian folk music.  

She moved to Japan in 2010 and pursued music in her free time, collaborating with local artists and guests from all over the world. In 2014, Una moved to Kobe, the Jazz capital of Japan, and started delving into the science of vocals and singing as well as teaching music to kids. Now Una is in Virginia, US, teaching vocals and performing Latvian Folk and Jazz and Rock.

Shows | Performances | Collaborations:

- End of 2017, Latvain Folk Music bands Uzmanību CD release tour in Japan.

- End of 2016, performances and tour in Japan together with Laima Jansone, a kokle player from Latvia, and DJ Monsta, performing modern arrangements of Latvian folk music and original music.

- In 2014, formed a Latvian folk music ensemble "Uzmanību". Members are Una Ulla (kokle and voice), Akiko Mizoguchi (kokle, also owner of Latvian goods shop SUBARU), Shinnnichi Hada (violin, Arabic music professional) and Aki (percussion, Nordic and Celtic music professional). They have performed in different Embassy events and cultural events introducing traditional music of Latvia.

- February 2013 Una sang the Latvian national anthem during the Latvia and Japan friendship football (soccer) game during Kirin Cup at Kobe Hyogo Stadium

- Collaboration concerts with New York Jazz Expressway in Higashikawa, Hokkaido in 2012 and 2013

- 2011 and 2013 collaboration concerts with Keiko Borjeson in Hokkaido, Higashikawa and Shibuya Sakura Hall